読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河ステーション

ユニゾンスクエアガーデン、ドミニオン、ハースストーンとか書きます。

まだ水素水健康効果で消耗してるの?

 

イオンの食品売り場で「酸素水」や「水素水」を見つけた。通常よりも酸素や水素の含有量が多いらしい(笑) 気付いてしまったのだけど、「水素水」と「酸素水」を2:1の割合で混ぜたら、ただの「水」になっちゃいますね。本当にありがとうございました。

 

感心を持ったきっかけは、東大生の「近藤洋平君@sources_are_2ch」さんの母親が水素水を箱買いしてたり、京大卒の「 風霊守 (@fffw2)」さんの父親が水素水飲んでいたのを目にしたためです。学のある子どもの親に、明白な似非科学に騙される人が居るんだなと驚きました。天然水の10倍程度の価格で済むので、詐欺としては小規模で良心的なのかもなと横目に見てました。ちょっと高価な水で救われた気持ちになるなら、安いものなのかもしれませんね。googleで「水素水」を検索すると、最もらしいサイトがいつくもヒットしました。例えば、

には、「水素量が1.2ppm以上含まれているものを選びましょう。」(とあったり、

には、やたら「教授の解説」がついていたり、と工夫が見られます。「水素を豊富に含む(1ppm(水1000L中 水素分子1mL)」と解説されているわけですが、水素(気体)が多量に水に溶けるのであれば、水素貯蔵技術「ケミカルハイドライド法」などの開発が要らなくなって、水素社会実現への大進歩になると思いました。また、高校化学を修めていれば水素水という名前に違和感を持つと思います。しかし、騙されてしまうのは、例えばこのサイトでは、

高校化学での「水素」の知識を元に詳しい知識を授ける風に書かれているからでしょうか。原子、水素、イオンの区別が曖昧な大人が意外に多いのでしょうか。高校時代化学教員が「プラズマクラスターとかマイナスイオンは嘘だからね」と言っていたのが頭に残っています。疑似科学の解説をするのも、教育の役割でしょう。この記事を書いたのは、オチが付いたからです。新聞記事によると、

消費者庁は、特定商取引法違反で某社を処分するそうです。バカらしい事件ですが、案外儲かっていたんですね。

 

5人くらい読者が欲しいので、流行りの言葉を面白おかしく切る記事を書きたかったのですが、難しいですね。