銀河ステーション

ユニゾンスクエアガーデン、ドミニオン、ハースストーンとか書きます。

クエスト用アグロ型ケルピー(カルドセプトリボルトのクエスト攻略その2)

強制的にマスに止まらせる「ケルピー」が気になり、使ってみた。当初は65/30/30弱すぎるから前回紹介した「赤緑マグマエンジン」などの攻撃型デッキ(1:1のバトルで負けない50/50/50のカードが多く、武器を付けて防御100を易々と倒すデッキ)に殴り負けると思っていたが構築とプレイングでカバーできるものだった。

 

デッキコンセプトは以下の通り。

「マカラ65/30/40を火、地、風土地に置いて、不屈秘術100で水土地にし不屈レベルアップ560でレベル4にした後に不屈入れ替えでケルピー80/30/30を召喚し、ストームシールド持っとけば、ばんばん貢がせて勝つ。」

また、ケルピーを普通に召喚してダウン解除後即レベルアップも有効な勝ちパターンだが、ダイヤアーマーを有効に使える(1000ゲインほど稼げる)か、即座に侵略されないかなどといった状況判断が重要になる。

f:id:hotcaker:20160717132237p:plain

http://hineru.com/revoltposse/books/?id=recA16lUVTILg6bxb&created_by=me

以前紹介した「青緑エンジン」が平均20ターンとすると、こちらは平均15ターンくらいのスピード感のあるデッキだ。逆に言うと、長引くと一枚一枚のクリーチャーの差によって、不利になってしまう。

ケルピーはスタッツが30/30と低いので、シャッターで攻撃系のアイテムを積極的に破壊することが大切。更に、hp-30系スペルに弱いので「バイタリティ」が有り、巻物に弱いので「ダイヤアーマー」をスパイクシールドより優先して入れてある。ゆえに、アイスウォールやメガロドンなどケルピー以外を守るためにアイテムを打ってはいけない。ケルピーを引きたい時にバイタリティを打つ(2ターン目など)のは例外である。ケルピーのためのデッキであることに注意して楽しく使ってほしい。