銀河ステーション

ユニゾンスクエアガーデン、ドミニオン、ハースストーンとか書きます。

【デッキガイド】レノメイジ デッキ紹介・マリガン・マッチアップガイド

レノメイジのデッキリスト

@HS_Read2Win Tier1デッキを日本語リストにして並べてみました。 pic.twitter.com/dBt6EOhJXG

— Read2Winの人 (@HS_Read2Win) 2017年1月16日

f:id:hotcaker:20170128193721p:plain

Read2Winの人 (@HS_Read2Win)さんのまとめが見やすいので貼らせてもらいました。一番右のデッキがレノメイジです。

レノメイジとは

レノメイジは仁義なきガジェッツァンの登場によって進化を遂げた新しいデッキです。カザカスという強力なカードを得たことで、レノジャクソンの力を最大限活かすことができるようになりました。

レノメイジは長期戦を得意とするデッキです。アグロ相手では盤面を取られないように凌ぎ続けレノジャクソンで主導権を握り、コントロール相手ではブランブロンズビアード+カザカスのような勝利条件を意識したプレイが重要になります。

 

このデッキは大別して2つのデッキ構築が考えられます。一つは採用カードは全て1枚ずつという典型的なコントロール型、もう一つは少数のカードを2枚採用するフリーズメイジ型です。

現環境におけるレノメイジ

レノメイジのデッキリストはより洗練され、多くのプレイヤーが成功を収め、tier1の地位はより手堅いものとなりました。Jablol氏(Tempostorm所属)は2017年1月第二週でレジェンド上位10位を何度か取り、このデッキの強さを示しています。しかし、ドルイド(翡翠型とアヴィアナ/クン型の両方)がとても苦手であり、ドラゴンプリーストとドラゴンウォリアーも苦手です。

 

tier2に落ちたレノロックと比較すると、レノメイジはtier上位のデッキに対してより手堅く勝利できます。レノメイジは、メタにおける海賊キラーとして最も優秀です。レノメイジが活躍しずらいメタに推移する可能性もありますが、それでも十分強いです。

 

Rage氏の初級エンジニアや苦痛の侍祭といったサイクルカードとローニンやパイロブラストといった重たいカードを入れたリストより、ウォーターエレメンタルやアントニダスといったスタッツの高いミニオンを入れた構築が人気です。というのも、後者のほうがミラーマッチで強いからです。

 

参考:Rage氏のリスト

 https://twitter.com/Rage_HS/status/812551261262204928/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw

マッチアップ

 シャーマン

マリガン
超うざい調剤師、魔力の炸裂、フロストボルト、終末預言者、火山ポーション、カザカス、動物変身、レノジャクソン

アグロシャーマン(有利 6.5:3.5)

レノジャクソンを出せれば勝ち、出せなくてもロングゲームにできれば有利になるため、序盤からテンポを取らせないように除去と遅延をしていくことが重要なマッチアップです。

 

《魔力の炸裂》《火山ポーションなどを用いて《ちんけなバッカニーア》を除去することが重要です。《トーテム・ゴーレム》《ブラッドメイジ・サルノス》+《魔力の炸裂》やヒーローパワー+《フロストボルト》で倒します。《炎の舌のトーテム》は最も除去優先度が高いです。これらのミニオンたちを即座に除去できないときには、ヒーローパワーと除去を駆使して2ターン計画での除去も考えます。

 

《炎まとう無謀のもの》《アヤ・ブラックポー》といった大きな脅威への対抗札として《動物変身》を残します。

 

《ライトニングボルト》《溶岩爆発》翡翠の稲妻》とバーストダメージを大量に持っている相手ですから、《アイスバリア》《アイスブロック》《フロストボルト》などを用いて、《レノジャクソン》までの時間稼ぎをします。

 

《ドゥーム・ハンマー》が入っている型も少なからず存在するので、《酸性沼ウーズ》で負け筋を潰します。

 

テンポを取らせないことが最も重要なマッチアップなので《ブラン・ブロンズビアード》は雑に投げます。除去されても擬似挑発としての役割を果たし、残れば《スナック売り》《カザカス》につなげて勝利です。

 

《カザカス》は1マナの2点AOE+3点ダメージor4装甲or復活,5マナの4点AOE+7装甲などが優秀です。

 

《ドブネズミ》《炎まとう無謀のもの》《アヤ・ブラックポー》が出てこない兆候(相手の手札がない、あるいは4マナあるのにヒーローパワーだけでターンエンドしてきたなど)のあるときに出しましょう。ただし負けが濃厚なときは出します。

 

 

ウォリアー

 

マリガン

超うざい調剤師、魔力の炸裂、フロストボルト、酸性沼ウーズ、終末預言者、火山ポーション、忘れられた松明、カザカス、レノジャクソン

海賊ウォーリアー(微有利 5.5:4.5)

海賊シャーマンに対するプレイングとほとんど同じです。異なるのは相手が武器と呪文で20点近く削りにくるため、《酸性沼ウーズ》がより重要になることです。海賊ウォリアーは60点ダメージを与えることが困難なデッキであり、レノジャクソンに対する対抗手段を持ち合わせません。

コントロールウォーリアー(微有利5.5:4.5)

3つのルールを守れば誰でも勝つことができるマッチアップです。まず、ファティーグで負けないためにドローソースは温存します。次に、《乱闘》とヒーローパワー装甲対策に場にミニオンが1~2枚出ている軽くテンポを取っている状態を維持します。最後に、《ブラン・ブロンズビアード》+《カザカス》+《ハイ!なソウルキャスター》を揃えて打つこと(ドブネズミに注意!)や、《酸性沼ウーズ》はゴアハウルに打つことで相手の除去札不足を狙います。

 

メイジ、ローグ、ウォーロック、(ハンター)

バリューで勝ちます。

プリースト、(パラディン)

バリューで負けます。